開いた毛穴を締め治す方法とは

見た目が若い人は、内蔵も若い?相関関係があるの?

肝臓

肌がキレイな人って、健康に見えませんか?

逆に、肌がくすんでいて、シミが多い人って、なんか病気?もしくは、かなり老けて見えるので、見た目年齢が、+5、もしくは+10という人も珍しくありません。。。

たまに、ネットで見るのですが、見た目が若い人は、内蔵も若い人が多い!というのは本当でしょうか?

ちょっと調べてみました。

2009年11月、ある壮大な実験結果が公表されました。( in デンマーク)

<実験内容とは>
70歳以上の1826人の双子を集めました。
そして、双子のうち、”若く見えるほう”と、”老けてみえるほう”の2つのグループに分けます。
双子のDNAは同じですが、70歳も過ぎると見た目の年齢差は発生します。

そして、7年後の死亡率も比較します。
双子ですので、死亡率もそれほど差がないのでは?と思われたのですが、実際は、大きく事なる結果が出ました。。。

同じ双子でも、老けてみえるグループの方が、7年後の死亡率は2倍も差がありました。

なぜ、こういった事が起こったのでしょうか?

見た目の変化と、内蔵の変化は、どちらも同じ原因で進行していきます。

原因:活性酸素

紫外線を浴びると、シミ・シワ・たるみなどの見た目の老化が進行します。
これは、紫外線を大量に浴びることで、活性酸素が皮膚の中でどんどん発生しながら、皮膚のDNAやコラーゲンを壊してしまうからです。

一方、内蔵はどうでしょうか?

人間の吸った酸素のうち、約2%が活性酸素に変わると言われています。
活性酸素は、紫外線によって皮膚の中に発生するのではなく、実は、体内でも発生しています。

さらに、食生活の乱れや、喫煙、睡眠不足、ストレスなどによって、活性酸素は大きく増えます。
こうして、活性酸素は肌だけでなく、カラダの内部でも増殖してダメージを与えています。

活性酸素が多いと、肌の老化だけでなく、内蔵にもダメージを与えていることがわかります。

内蔵の変化と見た目の老化がここでリンクしてきます。
体内に発生した活性酸素は、内蔵を少しずつ錆びつかせて、動脈効果や脳卒中を誘発させます。
脳にダメージを与えると、アルツハイマーになったり、眼球であれば、黄斑変性症となり、徐々に視力が下がっていきます。

見た目の老化は、内蔵の老化も同じ、活性酸素が原因で起こります。

そのため、「内蔵が老化しているのに、見た目は若い!」もしくは、見た目は、歳をとっているように見えるけど、内蔵が若い!」ということはない、ということです。

見た目が老けて、+5歳、+10歳に見えるということは、内臓系に何かしら病気をかかえている、という事でもあるかもしれません。

逆にいうと、内蔵をしっかりキレイにしていると、若く見える!ということでもあります。
内蔵の健康は、食が大事です。
どんな食事がカラダの中にある活性酸素をやっつけてくれるのか、これを知って、そういった食事メニューに変える事で、大きく違ってきます。

美肌ケアのために、紫外線カット、UVカットもわかりますが、それと同時に体内、内蔵の事を考えた食生活やストレス解消を行うことも大事です。

木を見て森を見ずとはこの事です。

毛穴の開きを治すガイド

老化スピードは紫外線で7割決まり!残りの3割は?

見た目の老化スピードは、紫外線を浴びた総量の約7割で決まります。

では、残り3割の要因は?と言われると何だと思いますか?

実は、活性酸素です。

納豆酵素

カラダの中で発生するのですが、人間には、この活性酸素を撃退する力があります。
活性酸素を野放しにしているとかなり危険です。

この活性酸素をやっつける力は、「抗酸化力」といいますが、個人差がかなり大きいシロモノです。

つまり、抗酸化力が少ないと、活性酸素がたくさんカラダ中に充満して、老化が進行していきます。
そのため、食生活で、いかに抗酸化力を増やすことができるか、鍵です。

活性酸素を増やして、人間の皮膚をどんどん老化させていく代表例は紫外線です。
でも逆に、紫外線を浴びて成長するものもいます。
それが植物です。

不思議だな〜と思いますが、植物は紫外線をパワーにしています。
それには理由があって、ビタミンが絡んでいます。

ビタミンは、抗酸化物質の代表例です。
植物は葉の中たっぷりとビタミンを含んでおり、それで活性酸素をやっつけて、紫外線によるダメージを受けずにすんでいます。

人間も同じように抗酸化物質を含むものを食べれば良いのですが、それがたくさん含んでいるのが、植物だというのがわかります。
植物は、除去しているんですからね。

植物の中で、注目すべきビタミンとは?

野菜ビタミンC

植物の中でも、ビタミンといってもたくさんあります。

基本は、ビタミンCです。

ビタミンCは、活性酸素をやっつけるだけでなく、紫外線によって傷つけられた肌の細胞を復活させる働きもあります。

ただ、ビタミンCだけを摂れば良い、というわけではなく、ビタミンCをサポートするビタミンも大事です。
中でも、ビタミンBです。
ビタミンCは、野菜全般に入っています。特に、ピーマン、ブロッコリーなどです。
ビタミンBは、にんじん、キャベツ、アボガドなどの緑黄色野菜です。

そして、最近注目されているのがトマトに入っている「トマトリコピン」です。
スーパーでトマトを買うとき、おそらく袋に「トマトリコピン」がたくさん入っています、みたいな事が書かれていると思います。

トマトリコピンには、活性酸素をやっつけるパワーがかなり入っていて、ビタミンCを遥かに上回ります。
毎日、トマトを食べていると、それだけで違ってきますよ。

もちろん、トマトだけ食べてもダメなので、できる限り万遍なくビタミンは摂るように心がけましょう。

<毎日の食事で体内の活性酸素をブロック>

◯活性酸素をやっつける働きがある食べ物
トマトリコピン・・・トマト
活性酸素をやっつける最強の成分

ビタミンC・・・ピーマン、ブロッコリー、菜の花
活性酸素をやっつける働きのほかに、紫外線によって傷ついた肌のDNAも回復させます。

◯ビタミンCの働きを助けるビタミン
ビタミンE・・・かぼちゃ、モロヘイヤ、玄米、ピーナッツ、アーモンド、うなぎ、マグロ

ビタミンB・・・にんじん、キャベツ、ブロッコリー、アボガド、レバー

<理想的な食事>

◯肉よりも魚を多めに
◯ビタミンと食物繊維を豊富に摂る
◯大豆製品を摂る

和食は、アンチエイジングに理想の食事と言われてきましたが、最近は・・・

ビタミンだけでなく、食物繊維も補給

また、腸をキレイにするために欠かせないのが、食物繊維です。
ビタミンと食物繊維が豊富な食生活が理想です。

実際、どんな料理なのか、といいますと、きんぴらごぼう、ひじき、おから、切り干し大根など、いわゆる昭和前半の御飯です。

きんぴらごぼう

食物繊維はいくら食べても腸からは吸収されません。
そのため、カロリーはほぼゼロなんです。
いくら食べても太らない凄いものです。
なので、お腹いっぱい遠慮無く食べれます。

また、大豆には抗酸化物質の一つである「大豆イソフラボン」が多く含まれています。
そのため、豆腐、納豆を毎朝食べるのも一つです。

あと、20代、30代は意外と肉を食べてしまいがちですが、やっぱり肉類よりも魚が多めの方が大切です。

肉類ばかり食べていると、肉に含まれる脂肪は、悪玉コレステロールに変わりやすいので、血液がドロドロになります。

しかし、魚はというと、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)に代表される、魚の脂は、善玉コレステロールを増やし、血液をサラサラにする働きがあります。

冷たい海の中で泳ぐ魚の脂は、かたまりにくいと言われています。

そう考えると、やっぱり和食が最高の食事メニューだということがわかります。

そういった観点から、世界は和食に注目しています。

現に、「sushi」「tofu」は今や世界中の人が知っている日本語です。

世界が注目していますが、日本は真逆で、どんどん和食を離れ、欧米化している逆方向に走っています。

毛穴の開きを治すガイド

肌が作られる時間は22〜2時!美肌の秘訣は寝る時間にあり

肌のキレイな人に美肌になる秘訣は何ですか?

と聞いても、多くの場合、「特に何もしてないんですよ〜」と答える事が多いです。

これを聞いて、内心、そんなはずはない!絶対、影で何かやっているはず、と多くの女性は思います。
だって、何もしなくて、そんなキレイな肌になる事はありえない!と思っているからです。

反対に、

「1万円以上する化粧水とか使っているけど、肌が全く良くならない・・・」
「ニキビがひどくて皮膚科に通っているけど、全く治らない・・・」

こんな声も聞かれます。

こういった場合、見落としがちなのが、睡眠です。

次の日、頑張って働くためには、しっかり寝る事が大事、と思うかもしれませんが、美肌を求めるなら決められた時間に寝る方が大事です。

日本人は働きすぎなのか、5人に1人は睡眠障害があると言われています。
単純に寝不足です。

寝不足では、どうして、肌トラブルがあるのでしょうか?

実は、寝ている間に分泌されるホルモンがあるからです。

それが、成長ホルモンです。
成長ホルモンとは、その名前の通り、成長を促すホルモンです。
子供の時に多く分泌されますが、大人になってからも分泌されます。

昔から、「寝る子は育つ」って言いませんか?

大人になったから違う!と思うかもしれませんが、大人になっても睡眠は大事です。

成長ホルモンは、新陳代謝(ターンオーバー)を促す!

睡眠

成長は、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)を促しますが、昼間はほとんど分泌されません。

深い睡眠中、特に、夜2〜3時ぐらいと言われています。
そのため、この時間は寝ている事が大事です。

肌の再生には、睡眠が大事で、寝ている間にしか行われていない!と思った方が良いぐらいです。
ここを逃すと、新陳代謝(ターンオーバー)しないので、ボロボロの肌のまま、ということになります。

20代後半、30代前半で仕事をバリバリしていると、たまに徹夜があります。
徹夜した時、肌の再生が行われていないので、服て老化したきたい角質が肌にくっついたままになります。

翌朝、なんか顔がザラザラしたり感じる事ってありませんか?

お風呂に入ったら多少マシになりますが根本は解決されていません。
肌のターンオーバーが今回は起こっていない、という事を理解する必要があります。

1回ぐらいの徹夜なら大丈夫ですが、何度も続けると、結構肌がボロボロになりますよ。

例えば、2,3万するような化粧水やクリームを使ったり、毎日コラーゲンドリンクを飲んだり、たまに美容整形でケミカルピーリングをしたとしても、睡眠時間が3時間程度であれば、ほぼ効果がない、または半減していると思った方が良いでしょう。

あまり食べてないけど、体重が逆に増えてしまって・・・
運動しても、体重がが減らない・・・

こういった時の一つの原因に、睡眠不足があります。

睡眠不足になりると、成長ホルモンが分泌されず、皮膚だけでなく全身の代謝が悪くなります。
そのため、基礎代謝が下がり、カロリーを消費しにくくなっているので、そんなに食べてないけど、体重が減らない減少がおこります。
また、食欲を抑えるホルモン「レプチン」の分泌が減ってしまうこともあるため、過食になることもあります。

モデルさんは、夜10時に寝る、という人もいるぐらい、やっぱり睡眠は美肌とは切っても切り離せない関係です。
できれば、毎日12時までには寝たいですね。

不規則な食生活は肥満のもと

肥満

昔から、「早起きは三文の得」といったものです。
早起きして勉強したり、読書をしたりすると効率が良くて仕事も捗るといいます。
しかし、実際は、早起きしてもそれほど特にはならない、ということも。。。

早起きは3億の得、という本もありましたね。。。

話しがそれました。

アンチエイジングの観点で見ると、早起きは、得なのでしょうか?それとも意味がないのでしょうか?

最近、「不規則な生活習慣は、病気の発生リスクが高い」という報告がされています。

夜勤があるような看護師、パイロット、工場勤務の人などは、不規則な生活が多く、乳がん、大腸がん、糖尿病などの疾患になりやすいと言われています。
TVや健康雑誌で、不規則な生活は、ダメですよ、ということが研究の世界でも証明されています。

しかし、ここ数年は、スマートフォンの発達により、夜寝る時間がどんどん遅くなっています。
布団の中に入っても、ダラダラとスマホの画面を見て、寝る時間が遅くなっています。

そうなると睡眠不足で、肥満につながり、メタボリックシンドロームを引き起こしたりします。

1日規則正しく食べる時間を決める事

時間を決める

食べるタイミングはかなり重要で、これが肥満と大きく関係がある事がわかっています。
タイミングとは、食べる時間の事です。

順番や何を食べるか、ではありません。

ある研究では、マウスに高脂肪食を与えても、きまった時間帯に食べさせれば肥満にならない事がわかりました。
その時間帯は、マウスが活動している時間帯です。

マウスは、夜行性です。
そのため、夜にだけ、食べさせました。

本来の活動時間以外には食べないマウス < 本来の活動時間以外に食べるマウス
太らない               < 太る

人間で言えば、活動している1日8時間の間に食事する事になります。

夜、24時以降や早朝、3,4時ぐらいの食事はよくない、ということです。

太ると、どんどん悪玉アディポカインが増えていきます。
これが増えると、活性酸素も増えて、サビつき、カラダが老化していきます。

そういう面でいうと、朝早く起きる事はカラダにとっては良い事です。

毛穴の開きを治すガイド

コラーゲンは、「飲む」「塗る」どちらがオススメですか?

コラーゲン鍋

肌にコラーゲンが大事って事はかなり知られているんですが、実際、コラーゲンはどうやって摂ればいいのか、悩んでいる人は多いです。

モツ鍋を食べた次の日は、お肌プルプルやで〜


って飲み会の席で言われたりしますよね。
(定番のような・・・大阪のおっちゃんは言います)

結論から言いますと、毛穴対策は、

肌からコラーゲンを摂る

が一番です。

ちなみに、肌にはバリア機能がありますが、粒子が小さくないと内部まで浸透しません。

角質細胞同士のつなぎ目は、油性の物質になじみやすい性質があります。
油性の物質の方が浸透しやすいと言われています。

水溶性の場合は、なかなか入っていきません。

もし、水に溶けた物質が肌の奥に浸透すると、私たちはなかなか水に接する事ができなくなるので、改めて考えると納得します。

実際、コラーゲンは、肌の内部まで浸透できるの?

コラーゲン

と思いますが、コラーゲンは、分子量がかなり大きいんです。
さらに、水溶性です。

そのため、コラーゲンはそのままでは、肌の奥まで浸透しません。

そのため、コラーゲンができるために必要な、アミノ酸に着目しているところが多いです。
化粧水などで、アミノ酸配合!ってよくみると思いますが、そのためです。

アミノ酸は分子量が小さいのですが、実は、水溶性です。
でも、最近は、イオン化する事ができるようになったので、奥まで浸透させる事ができます。

さらに、ビタミンCもコラーゲンの生成には重要です。
ビタミンCもイオン化して浸透させると良いです。

ただ、イオン化というと、基本、クリニックやエステなどで施術する方法です。

毎回だと費用が高いので、それに近いので着目されているのが、誘導体です。
ビタミンC誘導体が入った化粧水は注目されています。

ただ、それでも、肌の奥底まで浸透させるには、かなり大変です。
そういった浸透力の技術では、ビーグレンのQuSomeが抜き出ています。

高濃度ビタミンC誘導体を配合しているところは、濃度を濃くしています。
そうしないと、届かないからなんです。
実際、到達する時はごくわずかですので。。。

サプリメントで摂取する場合

コラーゲンをそのまま飲むことができません。
コラーゲンは、胃では一度分解されます。

最近の流行りは、ペプチドが入ったサプリメントです。
ペプチドは、アミノ酸の集合体ですからね。

ペプチドは、腸で九州されて肝臓に運ばれ、さらに分解されます。
そして、心臓をとおって、体全体にいきます。

こうなると、肌にだけコラーゲンが送られているわけではなく、体全体にコラーゲンが送られています。
そのため、肌だけ、という視点で見ると、サプリメントは少しフリになります。

もちろん、全く取らないより、取った方が良いので、余裕があるようでしたら、コラーゲンサプリメントもとってみましょう。

毛穴の開きを治すガイド

皮脂は、しっかりとカバー!洗いすぎはシミになるってホント?

洗顔が大事と思っている人ほど、落とし穴にハマっています。

確かに、

メイクの汚れが気になる
肌がベタつくのでさっぱりしたい

という気持ちはわからないでもないです。

でも、洗った瞬間だけさっぱりしていて、時間がたつと乾燥していたり、またベタついていたり。
洗いすぎで肌がカサカサの状態になっています。

そんな状態では、いくら高い美容液やクリームを塗っても、またすぐ乾燥します。
もともと乾燥する肌になっていますので、そこにいくら美容液などを塗っても効果がありません。

干上がった砂漠に一生懸命、水を巻いているようなものです。

洗いすぎがシミの原因??

洗顔をしてはいけない!といっているワケではなく、洗顔のやり方と洗顔の選び方です。

現在のオイルクレンジングは、マスカラ、ウォータープルーフなどのメイクを落とすためにかなり洗浄力が強くなっています。
こうすることで、皮脂も一緒に落ちています。

選ぶ場合は、美容成分もしっかり入っていて、汚れだけでなく、保湿もしっかりできるものを選びましょう。

あとは、色素沈着について結構誤解があります。

メイクが肌に浸透してシミになる!という人がいますが、化粧の粒子は大きすぎて肌には浸透しません。

そうではなく、実際は、メイクの汚れを落としきれずに溜まって、肌トラブルを起こし、炎症したりして、シミになるパターンがほとんどです。

実は、洗顔後、水分がかなり蒸発しています。

あと、皮脂が溶ける温度をご存知ですか?

41〜42度

と言われています。

お風呂の温度で設定している人が多いですが、長時間お風呂に入るのがダメ!という根拠はココにあります。

長時間お湯につかっていると、皮脂が溶けてしまうんです。。。

そして、お湯は、蒸発しやすいので、洗顔を終えると、表皮についた水分はほとんどない・・・

あと、皮脂の量が多いエリアもしっかりと確認しましょう。

Tゾーン 皮脂の分泌量が一番多い
こめかみ ホルモンの影響で皮脂が多くなることもある
目の周り 乾燥してシミ・シワができやすい
乾燥しやすく、ハリを失いやすい
口のまわり 乾燥しがちで胃腸の影響をうけやすい
あご&あご下 皮脂は多めでニキビもできやすい

Tゾーンは、いくら洗顔しても約2時間程度で、皮脂が元に戻ると言われています。

逆に、目元などは、2日程度かかります。

毎日洗顔していると逆に、皮脂が足りなくなる・・という状態です。

しっかりと、洗顔するのは、Tゾーンのみ!で目元などは1日しっかり、次の日は、軽くぐらいで十分です。

あとは、流す時に、お湯を使わず、水でさっと流すことです。
浮き上がった汚れだけを洗い流せるからです。

保湿力をしっかりキープする!

皮脂は肌を守ってくれる天然のクリームなのですが、分泌量が多すぎても少なすぎても肌トラブルが起こります。
そのため、皮脂を摂り過ぎないようにケアします。

皮脂の分泌量は、1日の時間帯で大きく異なります。

朝や夜は少なく、汗をかく昼が最も多い

また、季節によっても異なります。

夏場:皮脂腺が活発化して増えます。
冬場:減ります

年齢によっても異なります。
特に、閉経後は女性ホルモンが減るため、一層の保湿、お湯を使わない洗顔などが重要です。

生理と肌の関係

生理前になると、肌が乾燥しやすくなったり、逆に脂っぽく感じます。

ニキビができたりもします。

時間帯、季節によって肌に影響を与える以外に、女性ホルモンが皮脂の分泌量に影響を与えます。

女性ホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つのホルモンでできており、生理の周期に合わせて増減します。

月経前、3〜10日前後は、プロゲステロンの分泌量が増えます。

皮脂量が多く、ニキビができやすい

このように、女性ホルモンの分泌量周期も把握しておくことが大事です。

毛穴の開きを治すガイド